ホームページ制作 神奈川横浜 visual art with Digit

ホームページ作成サービス

フラッシュ制作(Flash制作)

フラッシュ(Flash)とは

Flashは正式名称Adobe Flash(アドビ フラッシュ)と呼ばれ、アニメーション、ゲーム、WEBサイトのナビゲーション、音楽の再生など幅広くコンテンツを制作できます。再生環境はIE(インターネットエクスプローラー)やFirefoxなどのWebブラウザにプラグインとして幅広く搭載されているFlash Playerを使うことにより簡単に閲覧することができます。

ベクターイメージを中心に構成され(最近ではビットマップイメージも多く使われています)、それにスクリプト(Action Script)を加えることにより、マウスの動きに合わせてアニメーションさせたり、イメージのある部分をクリックしたら音を鳴らしたりでき、インタラクティブなホームページ作成ができます。WEB上だけでなく、メディア・アート、インタラクティブ・アートやインスタレーションの制作ツールとしても利用されています。

続いて、Flashをメリットとデメリットの点からより詳しく見てみましょう。

フラッシュ(Flash)のメリット

  • インタラクティブ性の高いサイトにすることが可能である。
  • WEB上以外にもWindows、Mac OS X、Linuxなどの幅広いOS上で動作できる。
  • html/cssのようにブラウザによってレイアウトを調整する必要がなく、見栄えが同じになる
  • バナー広告のような小さなスペースでもインパクトのあるものが作成できる。
  • 簡単なネット・ゲームやコミュニケーション・サイト、動画配信や地図ナビゲーションなど幅広いコンテンツが作成可能である。

フラッシュ(Flash)のデメリット

  • iPhoneやiPadなどで動かない
  • Webブラウザやプレーヤーからテキスト検索できない。 (ただし、Googleなど一部の検索エンジンは Flash内のテキストを抜き出して、検索対象とすることができると言われているが詳しくは定かではない。)
  • 作り方によっては、容量が重くなり表示に時間がかかることがある。
  • 古いマシンでは、スペックが追いつかず十分なアニメーションを見せることができないことがある。

Flashに代わるHTML5 Canvasも視野に入れて

このような現状のために現状はFlash(フラッシュ)よりもHTML5 CanvasとJavaScriptの連携によるアニメーションをおススメしております。

HTML5 Canvas アニメはFlashほどの凝ったものは作成できませんが、iPhoneやiPadなどのスマホやタブレットでも動作する部分で幅広い端末に対応することが可能です。一方、古いOSや古いWEBブラウザは対応していないなどのデメリットもあります。

対応範囲などによってどのような形でインパクトのあるサイトを作成するのがいいのかご提案させて頂きますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ
ご相談・お見積は無料です。お気軽にこちらからお問い合わせください。

お問い合わせ

ページの先頭へ戻る