ホームページ制作 神奈川横浜 visual art with Digit

HTML(エイチティーエムエル)

HTMLファイルを閲覧するにはWebブラウザが必要、テキストエディタで編集可能

HTML(エイチティーエムエル)はホームページを作成するのに文書の論理構造や見栄えなどを記述するために使用されます。

また、文書の中に画像や音声、動画、他の文書へのリンクなどを埋め込むこともできます。HTML(エイチティーエムエル)は本来文章の論理構造を記述する言語でしたが、以前はそれ以外に単なる見栄えを記述するTableタグのようなものも多く使われました。しかし、現在では文書の論理構造を記述するという本来の目的に立ち返り、見栄えの記述はCSS(シーエスエス)を使って行なうように推し進められています。

HTML(エイチティーエムエル)で記述された文書を閲覧するには通常Internet Explorer、Firefox、Opera、Safariなど主要なWebブラウザが必要です。HTML文書はテキスト文書の一種であるため、高い値段を払ってソフトを買わなくてもテキストエディタでHTML文書を開き、タグをテキスト文書として編集することも可能です。

お問い合わせ
ご相談・お見積は無料です。お気軽にこちらからお問い合わせください。

お問い合わせ

ページの先頭へ戻る